「泥かぶら」朗読劇とマリンバのデュオ(連弾)

地域学習部お知らせ

11月3日(金・文化の日)に、千秋公民館三大事業の1つである「文化展」のプレイベントとして開催します。
当初、3小学校(千秋、千秋南、千秋東)及び千秋中学校の児童・生徒並びにその家族を優先して募集をしましたが、定員に余裕がありますので、広く皆さんに来場いただきたく、お知らせいたします。
プログラム前半の「泥かぶら」は、昭和27年にここ一宮市で産声を上げた、劇団「新制作座」による約2時間の劇で、一宮市の全中学生が、2002年から3年ごとに2017年まで鑑賞していました。今回は、スライドと効果音を使って、約35分の朗読劇に凝縮してお届けします。主人公の少女は顔が醜く、「泥かぶら」と村人に嘲笑され、心がすさみ、粗野で乱暴の子になっていきました。たまたま、通りかかった旅の老人に「綺麗になりたい!」と涙ながらに訴えると、「3つのことを守れば村一番の美人になれる。」と諭されます。心を入れ替えた少女が懸命に頑張り、村人から愛されるようになる過程を描いた、70年経った今、改めて心に響く素晴らしい内容です。
後半は、マリンバのデュオ(連弾)です。幅が2メートル60センチ、学校で使うマリンバより断然大きく、音域も5オクターブ(66鍵)のマリンバがやってきます。奏者2名が、片手に最高3つのバチ(マレット)を持って、低い音から高い音までダイナミックに奏します。
是非、皆様お誘いあわせの上、ご来場ください。お待ちしています。

1 日時 令和5年11月3日(金・文化の日)
(午前の部)
10時~10時45分    「泥かぶら」ドラマティック・リーディング
11時~11時45分     マリンバのデュオ(連弾)
(午後の部)
13時30分~14時15分 「泥かぶら」ドラマティック・リーディング
14時30分~15時15分  マリンバのデュオ(連弾)
2 会場  千秋公民館2階大会議室

「公民館事業に力を貸してもいい」、「こんな企画はどうでしょうか」等、ご意見がありましたら、お気軽にご意見箱へどうぞ。(文責:公民館長)

地域学習部の関連記事

20240710
地域学習部女性学習部お知らせ
20240611
地域学習部女性学習部お知らせ
20240610
地域学習部お知らせ
© 千秋町連区地域づくり協議会