I.C.P.O(一宮市民パトロール隊)通信8月号が発行されました

明るい町づくり部

防 犯 一 口 広 報

  • 令和元年7月末の一宮警察署管内の刑法犯の認知件数は1,296件で、昨年と比べて129件(-9.1%)減少しました。
  • 侵入盗被害は127件で、昨年と比べて53件減少しました。
  • 「空き巣」被害と「忍込み」被害は減少していますが、日中に家人が在宅中に被害に遭う「居空き」被害が11件発生し、昨年と比較して5件増加しています。被害防止対策としては、日中の在宅時でも「鍵をかける」ことです。
  • 市内では、7月末までに、架空請求詐欺などの特殊詐欺被害を15件認知しています。被害防止対策としては、「他人にキャッシュカードを渡さない、暗証番号を教えない」ことです。
  • 県内では、警察署の警察官や金融庁の職員等を騙られてキャッシュカードを騙し取られ、口座から現金を引き出される被害が発生しています。被害防止対策としては、「他人にキャッシュカードを渡さない、暗証番号を教えない」ことです。

交 通 安 全 一 口 広 報

  •  令和元年7月末の一宮市内の人身交通事故の発生件数は954件で、昨年と比較して333 件減少しています。
  • 交通死亡事故は、7月17日に1件発生し、男性1名が犠牲になっています。また、愛知県は16年連続全国ワースト1位という不名誉な記録を更新中です。
  • 確実な安全確認と思いやり運転で、悲しい交通事故は必ず防げます。皆さんと力を合わせて、今年こそ、愛知県の交通事故死者数全国ワースト1位を返上しましょう。

(表はクリックで大きくなります)

ICPO通信(8月号)のサムネイル

令和元年7月犯罪発生状況のサムネイル

明るい町づくり部の関連記事

20240104
明るい町づくり部
20231206
明るい町づくり部
20231030
明るい町づくり部
© 千秋町連区地域づくり協議会